カテゴリー別アーカイブ: 未分類

2014 IRFラケットボール世界選手権 大会後記その4-①

Carson, Rocky / Rojas, Jose のアメリカ、Beltran, Alvaro / Gutierrez,Polo のメキシコの4人で準決勝・決勝が争われると思っていた。そこに割って入ってきたのが河野選手と一緒に写っているこの少年、今大会のファイナリスト、ボリビアのMoscoso, Conrado選手19歳である。

この少年、速い(動き)・上手い(小技)・力強いのまさに3拍子揃ったオールラウンドプレーヤーである。日本のNo.1プレーヤー河野選手とベスト8をかけて対戦した。ここまで調子の上がらない河野選手を15-9 / 15-11とストレートでくだし駒をすすめた。

10456439_810832088926951_446060347484204695_nre IMG_2315re

 

そして番狂わせが起きたのである。Gutierrez,Polo選手(メキシコ)との一戦だ。

Conrado選手に打たせてカウンターのピンチやスプラットで点数を取りたいPolo選手に対し、そのカウンターをもダイビングキャッチやシーリング等で打ち返し反撃のチャンスを待つConrado選手。

粘るConrado選手に対し決め球の殆どが返され、焦りと苛立ちを隠せないPolo選手。1stゲームから激闘を繰り広げ15-14でConrado選手が1セット先取。

IMG_2365re

2ndゲーム、ここまで冷静に戦ってきたConrado選手にアクシデントが、ガットが切れてしまって予備がない様子だ。急遽借りたラケットでプレーするも、思わぬアクシデントで焦りと、苛立が見え隠れする。焦る相手をさらに追い込むPolo選手のカウンターが面白い様に決まる。2-15でPolo選手が取り返し、運命のタイブレークへ。

タイブレークは序盤の様な駆け引き等無い。漢と漢の戦いだ。お互い自分のプレーを出し尽くす内容で、カウンターで点を重ねるPolo選手に対し、予備のラケットも届き、本来の精度を取り戻し、打って・走って・ダイビングして、出せる物を全て出したであろうConrado選手。

タイブレーク10-10、ここからサイドアウトが続くも、Polo選手のたった1球のミスショットで一気に流れが変わってしまった・・・そして勝利の女神はConrado選手に微笑んだ。

気付けばコートサイドは満員電車の様になっていた。写真も上のスコアボードの1枚しかない(汗) 自分の仕事も忘れる位、最高の試合であった。

次回その4-②では男子ゴールドドロー準決勝をご紹介いたします。

世界選手権 in カナダ

10日間にわたる遠征を終えて日本選手団は23日の月曜日に帰国いたしました。日本から応援して下さった皆さん、練習相手や場所を提供してくださった皆さん、ユニフォーム作成にご協力頂きましたオピタノ(宇サブロー)さん、各選手についてくださったスポンサーさん、そして大会参加にあたり色々とご協力頂いたJPRFのスタッフの皆さん、本当に有難うございました!

カナダ07 カナダ01 カナダ03 カナダ04 カナダ02 IMG_2292

海外は世代交代し、若い選手がどんどん力をつけてきているので、

日本も戦い方を考え次に向かってスタートしなければと感じました。

 

 

 

2014 IRFラケットボール世界選手権 大会後記 その3-③

2014IRF ラケットボール世界選手権にふさわしい決勝戦であった。1セット目緊張からかカナダチームに固さがみられ、緊張を楽しんでいるかの様なコロンビアがカナダを攻めるが、カナダも大応援団の声援に囲まれ徐々に調子を上げてきたが、序盤の遅れを取り戻せず15-11でコロンビアが1セットゲームを先取する。

IMG_2495re IMG_2499re

2セット、調子を上げてきたカナダが盛り返すと思いきや、コロンビアが1ゲームめの勢いをさらに上げてきた。カナダもサーブ・ラリーで崩しにかかり、展開は作っている。が、Mike先取のスキップやサーブミスが目立ち、調子が今一の様であった。追い討ちをかける様に、コロンビアの大応援団が爆発する!!

IMG_2504re

これにはカナダ応援団も黙ってはいなかったが、コロンビア旋風に飲み込まれ、15-2でコロンビアが世界選手権ダブルスで初優勝を飾る!!

IMG_2509re IMG_2510re IMG_2511reIMG_2512reコロンビア選手、関係者の皆様おめでとうございます!!

その④ではボリビアの若手先取を紹介いたします。

 

2014 IRFラケットボール世界選手権 大会後記 その3-②

一方コロンビアチームは準々決勝から大熱戦を繰り広げた!!

準決勝はメキシコの英雄Alvaro率いるBeltran,Alvaro選手 / Martinez Morales, Edson選手のダブルスチーム。15-14 / 6-15 / 11-9と大接戦をものにし準決勝へ駒を進めた。

準決勝2:コロンビアのFranco, Sebastian選手とHerrera, Alejandro選手、ボリビアのMoscoso, Conrado選手はシングルスにもエントリーしており予選から全試合こなし、内容の濃いゲームばかりで、このパフォーマンスとは、疲れしらずか・・・

どちらが勝っても世界大会初の決勝戦、両チーム負けられない試合である。1セット目は15-11と競るものの、2セット目は明らかに疲れのみえるボリビアチーム・・・ショット・動きにキレがなくなり、15-2でコロンビアが初の決勝へ駒を進めた!!

IMG_2438re IMG_2435re

そして決勝は、アメリカでもメキシコでもなく、カナダ対コロンビアである。このカードを誰が予想できたであろうか??

その3ー③へつづく

 

2014 IRFラケットボール世界選手権 大会後記 その3-①

今大会会場を最も湧かせたのが開催国である地元カナダのGreen, Mike選手とGagnon, Vincent選手のダブルスチームとFranco, Sebastian選手とHerrera, Alejandro選手のコロンビアのダブルスチームの決勝戦である。カナダはベテランチームであるがその他チームは10代・20代の若手チームが殆どであった。

準決勝1:カナダは準決勝でアメリカと対戦した。カナダのMike選手は知っている方も多いのでは無いでしょうか、10年以上IRTツアーに参戦し常に上位選手として活躍しスピート・テクニック共に超一流である。

アメリカCroft, Ben選手/Fuhrmann, Tom選手との試合では、地元開催という事もあり、スタンドはカナディアンで満員御礼、残念ながらスタンドの片隅で背伸びしてやっと見える状況・・・動画・画像におさめる事はできなかった。試合の方は、観客も見方につけ大応援の中、個人技がメインでダブルスというよりシングルス?のアメリカを、サーブ・ショットセレクションで相手のポジショニングを確実に崩し、1セット目を15-11で奪い、2セット目はアメリカチームに何もさせず、15-2で見事勝利を手に入れ決勝へコマを進めた。試合後Ben選手は大爆発、彼らしいと言えばそれまでだが、負けてしまった上に会場からは大ブーイング・・・次は試合で大爆発してほしい・・・

IMG2452_1re IMG2452_2re.JPG

 

そしてコロンビアチーム・・・

次回その3-②へつづく

 

 

2014 IRFラケットボール世界選手権 大会後記 その2

今大会、特に南米選手の年齢には驚かされっぱなしであった。

最若年は12歳である。

写真はドミニカ共和国のRodrigues,Junior 選手 VS Camacho Martin, Felipe選手 (コスタリカ)

球のスピードはないものの、まずはストレート・クロスで相手を揺さぶり、自分の優位な展開を作り確実に点をとる!!非常に冷静で落ち着きがあり、12歳とは思えないプレーである。15-7/15-9でこの試合に勝利し、Redドローの準決勝でまで勝ち上がるも、アルゼンチンのKurzbard, Fernando選手に7-15 / 3-15で敗退。次回の世界大会での活躍に期待したい!!

IMG_2346re IMG_2347re IMG_2348re

会場を歩いていると、どのコートでも素晴らしい試合が繰り広げられている。腰を据えて1つの試合を見ていると他の試合を見る事ができない。あたり前だが贅沢な悩みだ。

写真の選手はグァテマラのRodriguez, Maria Rene選手とMartinez, Gabriela選手で18歳と14歳のダブルスチーム!!大会本部に試合の進行状況を確認しに行こうとしたら、大激闘が繰り広げられていた!!Redドローの準決勝で、日本でもおなじみ、Seok, Jin Young選手とAne, Jung Eun選手の韓国チームとの試合だ。結果は8-15 / 15-7 / 11-10とあと一歩の所まで追いつめるも、勝利の女神は韓国チームに微笑んだ。

IMG_2417re

 

試合直後にも関わらず笑顔で写真に応じてくれてありがとう!!

次回その3でも若手選手を紹介したいと思います。

2014 IRFラケットボール世界選手権 大会後記 その1

カナダオンタリオ州バーリントンで開催されたラケットボール    世界選手権大会が、6月21日に閉幕されました。開催期間中に紹介できなかった事を、この場をお借りしお詫び申し上げます。

開催クラブ・素晴らしい試合/選手を少しずつ皆様に紹介したいと思います。なお、第一ラウンド(予選)の様子はスケジュール上、同行できなかった為、記載できない事をご理解頂きます様、よろしくお願い申し上げます。

開催地:カナダオンタリオ州バーリントン

開催クラブ:Cedar Springs Health and Racquet Club

ラケットボールコート6面(バックウォールガラス4面※内スタンド付き3面/バックウォール壁/2面)/インドアテニスコート11面/スカッシュコート12面(内3面はダブルス用コート)/バドミントンコートが4面と、各ラケットスポーツコートがこれだけ充実しているクラブは少ない海外経験のなかでも見た事が無い。もちろん、プール/スタジオ/体育館もあり、まさにスポーツ天国だ!!

写真はクラブ正面とラケットボールコートスタンド・スカッシュ(ダブルス用)コート。

IMG_2291re   IMG_2290reIMG_2308reIMG_2282re

次回その2は各国の若手選手をピックアップしご紹介したいと 思います。

2014 ラケットボール世界選手権大会 閉幕

カナダ オンタリオ州 バーリントンにて開催されていた【2014 ラケットボール世界選手権大会】が6月21日に無事閉幕しました。日本チームの結果をご報告いたします。

男子シングルス:河野 通宗【13位タイ】/ 廣瀬 尚昭【13位タイ】

男子ダブルス:河野 通宗 / 清水 弘史 【9位】

女子シングルス:梶野 晴美【21位タイ】/ 佐藤 摩以子【25位】

女子ダブルス:佐藤 摩以子 / 脇本 直美【7位タイ】

男子日本チーム7位】

女子日本チーム【10位】

日本チーム総合【9位】

結果詳細はこちらをご覧下さい。

https://www.dropbox.com/sh/vqu5udsf66vl1q3/AADJ_wV8RdL9VZaI9ekKpo7ta/3-Final%20Standings

皆様のご声援ありがとうございました。

IMG_2583

決勝ラウンド3日目 日本選手速報

皆さんこんにちは。

6/19(木)4:45pmカナダ,バーリントンより、日本選手の決勝ラウンド3日目結果速報です。

河野 vs Aviles Andrs(コスタリカ) 7-15 / 13-15 敗退

廣瀬 vs Kwon,Daeyong(韓国) 12-15 / 13-15 敗退

梶野 vs Tobon,Mariana(ベネズエラ) 9-15 / 15-12 / 5-11 敗退

清水/河野 vs Troncoso/Salgado(チリ) 15-1 / 15-6 勝利

なお、この後6:00pm(現地時間)より、女子ダブルス脇本/佐藤 組が

ゴールドドロー第2シードのAimee,Ruiz/Janel,Tisinger(USA)と

ベスト4をかけて戦います。

皆様の応援よろしくお願い致します!!

IMG_2352

 

 

決勝ラウンド2日目

決勝ラウンドの2日目の結果です。

梶野選手 vs カタルニア 15-5/15-1 で梶野選手勝利
佐藤選手 vs ボリビア 12-15/15-12/11-5 でボリビア勝利
河野選手 vs ボリビア 9-15/11-15 でボリビア勝利
廣瀬選手 vs コロンビア 11-5/8-15 でコロンビア勝利

女子ダブルス vs ドミニカ 15-9/15/8 で日本勝利
男子ダブルス vs ベネズエラ 6-15/14-15 でベネズエラ勝利

19日の対戦は

梶野選手 vs ベネズエラ PM3:00 (レッドデビジョン)
佐藤選手 vs コロンビア PM12:00(ホワイトデビジョン)
河野選手 VS コスタリカ AM11:00(ブルーデビジョン)
廣瀬選手 VS 韓国    AM11:00(ブルーデビジョン)

女子ダブルス VS USA PM6:00(ゴールドデビジョン)
男子ダブルス VS チリ PM2:00(レッドデビジョン)

となります。まだまだ試合が続きますので皆さん応援をよろしくお願い
します!!

IMG_2292 IMG_2294 IMG_2300 IMG_2301 IMG_2306 IMG_2307 IMG_2310 IMG_2314 IMG_2315 IMG_2330 IMG_2331 IMG_2335