2014 IRFラケットボール世界選手権 大会後記 その3-③

2014IRF ラケットボール世界選手権にふさわしい決勝戦であった。1セット目緊張からかカナダチームに固さがみられ、緊張を楽しんでいるかの様なコロンビアがカナダを攻めるが、カナダも大応援団の声援に囲まれ徐々に調子を上げてきたが、序盤の遅れを取り戻せず15-11でコロンビアが1セットゲームを先取する。

IMG_2495re IMG_2499re

2セット、調子を上げてきたカナダが盛り返すと思いきや、コロンビアが1ゲームめの勢いをさらに上げてきた。カナダもサーブ・ラリーで崩しにかかり、展開は作っている。が、Mike先取のスキップやサーブミスが目立ち、調子が今一の様であった。追い討ちをかける様に、コロンビアの大応援団が爆発する!!

IMG_2504re

これにはカナダ応援団も黙ってはいなかったが、コロンビア旋風に飲み込まれ、15-2でコロンビアが世界選手権ダブルスで初優勝を飾る!!

IMG_2509re IMG_2510re IMG_2511reIMG_2512reコロンビア選手、関係者の皆様おめでとうございます!!

その④ではボリビアの若手先取を紹介いたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です